情報INFORMATIONMIX

生活に役立ついろんな情報をお伝えします!

*

木目込み雛人形作家の一秀。

      2015/11/10

木目込みの雛人形って今話題になっている雛人形ですよね。

一見したところはかわいい感じのものなので、いわゆる普通の雛人形と比べると、高級感に欠けるところもあって敬遠する人もいるようです。

親が安そうなものを買ってきたといって文句を言う人もいるとかいないとか。

しかし、この雛人形、木目込みの雛人形といってれっきとした由緒正しいもの。
始まりはなんと江戸時代の元文年間(1736~1740)というからすごいです。

木目込み雛人形一秀

中には普通の雛人形は顔が怖いのでこっちの木目込み人形にするという人もいるようですね。

普通の雛人形はきっちりと作った服を普通の人間のように人形に着せるというものなのですが、この木目込み雛人形は胴体の木地に筋目を入れてそこに服の端の部分を埋め込んで(木目こんで)服を着せるという感じのものなります。

現在の江戸木目込み人形は京都で作られていた技法が江戸に伝わったものなのですが、京都は賀茂という地域で作られていたということもあって当初は「賀茂人形」や「鴨川人形」と呼ばれていたそうです。

ご覧のとおり雛人形自体も一回り小さいので、飾りやすいという利点があって現代の家庭事情に合っている人形だとも言えますね。

Sponsored Link

木目込み雛人形の一秀


普通の雛人形は高級なものともなるときちんと作家がいて製作や監修をしたりしています。

そして、この木目込み雛人形でもきちんと作家がいます。

喜多呂・幸一光・喜久絵などの作家が有名なのですが何といってもおすすめなのは一秀

現在の一秀は二代目で木村安子さんといいます。

一秀は1948年、木村弁之助(初代一秀)による創業以来、新しい素材や感性を常に追求してきています。
その人形たちは古典美に現代感覚を取り入れたもので、現在多くの人に高く評価されているものなのです。

Sponsored Link


一秀木目込み人形のラインナップ


一秀の雛人形のラインナップには

秀櫻
重陽の節句
スタイリッシュ雛
さくらさくら
十五人飾り
神雛
親王飾り
五人飾り
十人飾り

などがあるのですが、

今風の家には「さくらさくら」などがぴったりかもしれません。
木目込み雛人形一秀さくらさくら
逆に和風の昔ながらの家には「十五人飾り」といったところでしょうか。
木目込み雛人形一秀十五人飾り

あくまで私感なので、ご自分で見てみるのが良いかと思います。

一秀ラインナップ

最後に


ということで一秀を紹介してきました。

木目込み人形というのはその大きさが大きいものでも幅70cm程度。

これならどんなところにも飾ることが出来ますね。

サイズは小さくても作りは伝統美あふれるもの。

ぜひお手頃サイズの木目込み人形を飾ってみてはどうでしょうか。

Sponsored Link

 - 生活

sponcored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

命の母Aの効果と副作用は?
命の母Aの効果と副作用

命の母Aって根強い人気があるようです。 いわゆる女性の更年期障害の症状を改善する …

熱中症イラスト
熱中症予防には牛乳がいいって本当?

熱中症の予防方法っていろいろ言われています。 塩分をとる ミネラルをとる クーラ …

シティーホテル
東京のホテルが予約できない場合はどうする?

東京のホテルが予約できないという声を最近よく聞きます。 政府の取り組みなどにより …

はがき写真
はがき懸賞応募のコツ

最近はネットが増えてきたことで、はがきでの懸賞応募も少なくなってきましたね。 し …

つるむらさき
夏のネバネバ野菜の種類と効果・効能

ネバネバ野菜ってありますよね。 そう、文字通り茹でたりするとネバネバする野菜のこ …

年賀状出発
年賀状の投函期限。元旦に届けるには?

またまた年賀状の季節がやってきましたね。 ただでさえ忙しい師走なんですが、年末の …

住吉大社釣人守1
住吉大社のご利益とお守り

住吉大社は大阪にあり、地元では「すみよっさん」の名でして親しまれている神社です。 …

ウタマロ石鹸
ウタマロ石鹸の使い方を知ってワイシャツや上靴をきれいに!

ウタマロ石鹸。 知る人ぞ知る石鹸です。 化粧せっけんと思いきや、洗濯石鹸なんです …

ひなまつり
雛人形の並べ方が関西と関東とで違うのはなぜ?

雛まつりの季節がやってきましたね。 ここでは雄雛と雌雛の並びについて紹介するので …

うるう秒
うるう秒は電波時計には反映される?廃止も?

うるう秒ってピンとこない人が多いかもしれません。 うるう年なら知っている人も多い …