生田神社は1800年以上の歴史を有する古社。

創建は西暦201年と日本書紀に記されているというから驚きです。

場所は兵庫県の港町神戸にあるのですが、この神戸という地名は、生田の神を守る家、神戸(かんべ)が由来となって生まれたということです。

社にお祀りされているのは稚日女尊(わかひるめのみこと)

これは、伊勢神宮内宮にお祀りされている天照大神(あまてらすおおみかみ)の和魂(にぎみたま)あるいは妹神と伝えられています。

関西では結婚式のメッカでもあります。

スポンサーリンク

生田神社の節分祭と芸能人ゲスト

節分祭には例外なく芸能人ゲストが来られます。

場所柄というかやはり関西の方が多いようですね。

今年の節分祭に関しては次のような連絡がありました。

今年は、櫓からの豆撒き神事は中止させて頂きます。

神職のみで、節分祭を斎行致します。

尚、2月2日、3日に福豆を授与致します。

参拝者は1500人以上。

事前申し込みの福男・福女と、敬神の念が篤い芸能人やアスリートの奉仕による豆まきが盛大に行われます。

今までの主な芸能人ゲストは、

月亭八方(落語家)
桂きん枝(落語家)
長谷川穂積(プロボクサー)
久保隼(プロボクサー)
スペルデルフィン(プロレスラー)
CIMA(プロレスラー)
ドラゴンキッド(プロレスラー)
ナジャグランディーバ(タレント)

となっていました。

今年のゲストはまだ決定していませんが、決まり次第ご紹介しますね。

落語の大御所は言うまでもありませんが、ボクシングの長谷川穂積選手やプロレスのスペルデルフィン選手なども関西の出身ですよね。

なお、12時からは節分祭ライブも行われるようですね。

豆まきの時には入場制限も行われる可能性がありますので、現地へは早めに到着しておく方が良いでしょう。

恋愛成就のご利益も!?

生田神社は恋愛成就のご利益があると言われているのは有名ですよね。

最近では、一緒に縁結びを願ってここを訪れ、男性は白のお守り、女性は赤のお守りを受けるとその恋愛は成就すると言われています。

近畿圏のみならず、遠方からも多数縁結び祈願に訪れるカップルが後を絶たないようです。

カップルの方々は豆まきのついでに恋愛成就のお願いをしてみてはどうでしょう?

生田神社のアクセス

生田神社は三宮の駅からも近く比較的アクセスは良い方だと思います。

電車の場合
JR三ノ宮駅、私鉄各線三宮駅より北へ徒歩10分

車の場合
阪神高速道路3号神戸線生田川IC京橋ICより約5分

また、JRで一駅の元町駅からは神戸の南京町も近いので、豆まきの前後には食べ歩きなんかも予定に入れるといいかもしれませんね。

生田神社周辺地図

最後に

関西の有名芸能人、恋愛成就、南京町で食べ歩き、と生田神社周辺には楽しみもいっぱい。

豆まきとあわせて、ぜひ神戸の街を堪能してみてはいかがでしょうか。

また、生田神社の詳しい情報を「生田神社のお守り・駐車場情報」で紹介していますので、よろしければ併せてご覧くださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事