東京の神田明神は1300年近くの歴史があります。

こんな歴史のある神社でも2月3日の節分ともなると、節分祭の追儺式が行われます。

ここでは、そんな神田明神の節分祭について紹介します。

スポンサーリンク

神田明神の歴史

まず、歴史から説明しましょう。

ここは、徳川家康に所縁がある神社で、関ヶ原の合戦の時にはこの神田明神が戦勝のご祈祷を行ないました。

それが良かったのか、9月15日の神田祭の日に見事に勝利し天下統一を果たしたのです。

これ以降徳川将軍家は、この神田祭を縁起の良い祭礼として、絶やすことなく執り行うよう命ぜられたということなんです。

こういった歴史を踏まえ、神田明神は東京の神田日本橋秋葉原大手町丸の内など主だった108の町の総氏神様として、東京都心を守っています。

勝負事に縁があることばかりクローズアップされがちですが、ここでは大黒様や恵比寿様が祀られていることもあって、縁結び商売繁盛にもご利益があると言われています。

氏子町にビジネス街が多いことから商売繁盛を願うサラリーマンが良く通うところでもあり、正月の5日には境内にびっしりとサラリーマンが並んでいる姿を見ることが出来ます。

神田明神の節分祭

今年の豆まき式については、次のような案内がなされていますね。

感染症拡大防止のため2月3日の節分祭は神事のみ行います。豆まき式は行いません。

1月19日〜1月31日まで

昇殿参拝受付 9時~18時

お札お守り授与 9時~18時30分

文化交流館 9時~18時30分

神田明神ホームページ

神田明神の節分祭の豆まきは2月3日の14:00より

豆まきの前には赤鬼・青鬼をはじめ、だいこく様・えびす様、雅楽を奏でる楽人、古式装束の神職に続き、氏子総代、特別崇敬者等年男代表が参道を練り歩きます。

その行列には豆まき役の芸能人ゲストも袴姿で加わりますので、境内に早めに着いて行列の見学が出来れば大変近い場所で芸能人ゲストを見ることが出来ます

その種まき役の芸能人ゲストですが、秋葉原が近いということもあって、アイドル声優などが来ることが多いようです。

アクセス

神田明神は都会のど真ん中。

JR各線や東京メトロの駅からも近く、最寄り駅も多いので、いろんなアクセス方法があります。

電車の場合

中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分

車の場合

首都高速
首都高速都心環状線 神田橋出入口
首都高速1号上野線 上野出入口
参拝者駐車場:若干あり

周辺の駐車場

秋葉原UDXパーキング(800台)
秋葉原ダイビル駐車場(112台)

神田明神周辺マップ

神田明神はなんといっても勝守!

神田明神ではなんといっても勝守です。

神田明神の勝守は、勝負事はもちろんのこと、商談成立、学業成就の強い味方として多くの方々に授与されています。

これは徳川家康と石田三成との関ヶ原の合戦時に神田明神が家康の戦勝を祈願、見事勝利したことによるといわれています。

一度入手してみてはいかがでしょう。

最後に

こんな由緒ある神田明神。

アクセスもとても良いので、お手軽に行くことが出来ますね。

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事