東京のど真ん中にある増上寺を知らない人はいないでしょう。

東京タワーの横にある大きなお寺なので、見たことがある人は多いでしょう。

そんな増上寺でも毎年節分の豆まき行事が行われます。

東京の都心でアクセスが良いためか、かなりの有名芸能人ゲストが来ることでも知られています。

そんな増上寺、どういったところなんでしょうか。

スポンサーリンク

増上寺って?

増上寺は1393年に建立。

当時の場所は今の麹町あたりだったといいます。

室町幕府から戦国時代にかけて増上寺は浄土宗の東の要として発展していきます。

そんな増上寺がさらに発展したのは徳川家康が関東を治めるようになってから。


この頃に増上寺は現在の芝に移されたのですが、このお寺が徳川家の菩提寺になってからはさらに隆盛を誇る様になります。

徳川家康が天下を取り、亡くなる時には増上寺で葬儀を行うようにとの遺言を残しています。

増上寺に墓所が設けられている歴代将軍は次の通り。

2代秀忠公
6代家宣公
7代家継公
9代家重公
12代家慶公
14代家茂公

とても由緒のあるお寺だということが分かりますよね。

増上寺の節分追儺式

今年の豆まきは中止となりました。

 来たる2月3日の「節分豆まき」は昨今の世情を踏まえ中止とさせて頂きます。楽しみにされていた方も多いかと存じますが、何卒ご賢察の程、お願い申し上げます。

 なお、節分の豆まきは災厄消除・開運招福を願って行う、大切な日本の文化・風習であります。 こんな時だからこそ、災い厄難を取り除き、人々の幸福を祈る。これは私どもの勤めであります。 増上寺では丈内関係者にて、ご祈願の法要を執り行い、皆様の安穏と世界の安寧をお祈り致します。

 皆様におかれましても、ご自宅で災厄消除・開運招福を願い、豆まきをされますようお勧め致します。 特に小さいお子様のいらっしゃるご家庭では、なぜ豆を撒くのか、何故、鬼は外福は内なのか。後の世を生きる子供達に、日本の大切な文化・風習をしっかりと伝えていただければと存じます。

増上寺ホームページ

尚、ホームページでは開運福豆が購入することができます。

そんな増上寺での節分追儺式。

今年も盛大に執り行われます。

豆まきがメインの様になっている追儺式ですが、ここ増上寺では次のような行儀が行われます。

  • 園児などのお練りが境内を行列
  • みこし講の皆さんによる「餅つき」
  • 園児を引き連れた増上寺僧侶と鬼による「鬼問答」
  • 角界関取・芸能人の方々による「豆まき」

以上を持って今年1年の無病息災災厄消除開運招福を祈願します。

増上寺追儺式のスケジュールとゲスト

豆まきは通常昼過ぎから行われることが多いようです。

多少の前後はありますが、豆まきは合計で5回行われるので、慌てることはありません。

都心での豆まきということもあってかなりの有名芸能人ゲストが豆をまきに来られます。

2017年は有名なところでは、

瀬古利彦(元マラソン選手)
渡辺絵美(元フィギュア選手)
安藤美姫(元フィギュア選手)
中村玉緒(女優)

などといった方たちが来られました。

2018年のゲストはまだ決定していませんので、決まり次第ご紹介しますね。

もちろん例年有名力士が来ることでも知られているので、非常に楽しみですね。

アクセス

増上寺はご存じ都会のど真ん中。

アクセス方法も何もあったもんではありませんが、一応紹介しておきますね。

●JR線・東京モノレール 浜松町駅から徒歩10分
●都営地下鉄三田線 御成門駅から徒歩3分、芝公園から徒歩3分
●都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅から徒歩5分
●都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅から徒歩7分
●東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩10分

どの電車に乗っても着きそうですね(笑)

増上寺アクセス

最後に

増上寺といえば近いのが、東京タワーです。

実は東京タワーでも節分祭が行われているのです。

このサイトでも紹介していますので、よろしければご覧になって下さいね。

東京タワーの豆まきの芸能人ゲスト

また、このサイトでは東京タワー・増上寺周辺のランチの情報を紹介していますので、ぜひ併せてご覧になって下さい。

東京タワー・増上寺周辺のランチ情報

スポンサーリンク
おすすめの記事