グリコの看板って知ってますか?

そう、大阪の道頓堀という場所にある江崎グリコの看板です。

グリコ看板の場所と行き方は?

大阪の観光客は、大阪城とたこ焼きとグリコの看板は観光のセットとして扱っているようです。

このグリコの看板、初めて設置されたのは1935年(昭和10年)になります

もう80歳近くになるんですね。

そして現在設置されているのは6代目になります。2016年にリニューアルされました。

スポンサーリンク

グリコ看板の歴史

それではこのグリコの看板の歴史を紹介していきましょう。

初代

グリコ看板1

初代のグリコの看板はなんと昭和10年に設置されています。

戦前ですよね。

高さはなんと33メートル。

当時としては画期的なネオン塔で、人々の注目を集めたそうです。

また、トレードマークのランナーとグリコの文字を6色に変化させるという、当時としてはまさに型破りな看板で皆を驚かせました。

1943年(昭和18年)に鉄の供出のために撤去されました。

二代目

グリコ看板2
1955年(昭和30年)に再建されました。
10年以上もの間看板はなかったんですね。
まあ、大阪の空襲もありましたし、それでころではなかったのかもしれません。
形は砲弾型。
看板の下の方にはステージがあったそうです。

三代目

グリコ看板3
1963年(昭和38年)には三代目がお目見えになっています。
なんと、噴水ネオン型。
真ん中のトレードマークから水が飛び出て、それをライトで照らすことで虹を描いていたらしいです。
なかなか画期的というか。

四代目

グリコ看板4
1972年(昭和47年)に建設。
されました。
バックになっている陸上競技場のトラック部分が点滅することで、中央のランナーが際立つネオンでした。
このネオンはランナー姿が川面に映るもので、看板を背景に記念撮影するほどの名物看板になりました。
1996年に消灯、撤去されています。

五代目

グリコ看板5
1998年に完成。
バックのトラックはそのままに、背景には大阪の名所が描かれたネオンで、ますます大阪の名所らしくなりました。
2014年に消灯されました。

六代目

グリコ看板6
2016年に設置されました。
14万個のLEDを使用することで使用電力を半分に抑えた省エネ看板となりました。
何といっても目玉はランナーのバックに日本国のみならず海外の名所が映し出されるというもの。
ランナーと一緒に各地を走っている気分が味わえます。

グリコ看板の行き方と最寄り駅

グリコの看板の最寄り駅は大阪の難波駅になります
ちなみに難波駅は「JR」と「近鉄」と「地下鉄」がありますが、看板へは地下鉄が若干近いです。

グリコ看板の場所・行き方・最寄り駅

場所は大阪の繁華街のど真ん中の「道頓堀」。
そこの道頓堀川に「戎橋」という橋がかかっていて、その橋の上に立つとみることが出来るのです。

思っていたよりも大きいと思います。

きっと驚きますよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事