新宿御苑は皇室の庭園だった場所で、周囲は3.5km、面積は58.3haにもおよぶ巨大な庭園です。

庭園は、「イギリス風景式庭園」「フランス式整形庭園」「日本庭園」の3種類。

ソメイヨシノの他、イチョウやフゲンソウなどの八重咲きの品種も多く、開花時期が異なるので、3月下旬から4月の下旬までの長い期間、花見を楽しむことが出来ます。

高層ビルと桜のコラボが楽しめるのは都心ならではですね!

新宿御苑桜
スポンサーリンク

新宿御苑の桜の開花情報

新宿御苑の桜の見頃は通常3月下旬〜4月下旬

ですが、新宿御苑には寒い時期に開花するカンザクラという品種が植えられているので、1月の寒いうちから桜を楽しむことが出来ます。

新宿御苑カンザクラ

開花情報も逐次チェックしたいもの。

情報が早く、正確に知らせているのはやはり新宿御苑の公式サイトです。

更新も早く、写真付きの開花情報が見られるのはこのサイトだけです!

新宿御苑の桜情報

新宿御苑のお花見データ

住所:新宿区内藤町11
電話:03-3350-0151
時間:9:00~16:00
料金:一般200円
休日:月曜(3/25〜4/24は無休)
交通:JR千駄ヶ谷駅、東京メトロ新宿御苑前駅から徒歩5分
駐車場:200台(有料)

新宿御苑は酒類は持ち込み禁止、遊具類は使用禁止となっているので注意が必要です。

入口では、警備員による荷物のチェックもあります。

逆に言うと、上野公園の花見のように周りには酔っぱらった人はいないので、家族連れでも安心してお花見を楽しむことが出来るということです。

ゆっくりと花見をしたいという人にはぴったりの場所なんですね。

東京のど真ん中の大きな公園ということで、アクセスも難しくないと思います。

このサイトでは、新宿御苑へのアクセスと駐車場の情報を紹介していますのでよろしければご覧になって下さいね。

新宿御苑のアクセスと駐車場情報

桜を見る会

現在は無期限で中止ということになっています。

会自体は良いものであるので、一新して再開してもらいたいものですね。

桜を見る会というのは日本の内閣総理大臣が主催する花見会で、毎年4月上旬頃に新宿御苑で開催されます。

一般にはあまり知られていないかもしれませんね。

というのも、桜を見る会の参加者は政府からの招待者(政財界や文化界、スポーツ界や芸能界など)に限られていて、一般の人は参加することが出来ないのです。

一度は参加してみたいものですね(笑)

新宿御苑桜を見る会

明治神宮外苑の桜

新宿御苑で桜を楽しんだ後は、少し足を伸ばして明治神宮外苑まで行ってみましょう。

桜の見頃は新宿御苑と同じ3月下旬〜4月下旬で、外苑の歩道にはソメイヨシノやヤエザクラなど約500本の桜が並び、デートにもおすすめです!

明治神宮外苑桜

明治神宮外苑のお花見データ

住所:新宿区霞ヶ丘町1-1
電話:03-3401-0312
時間:園内自由
料金:無料
休日:無し
駐車場:400台(有料)

新宿御苑~明治神宮外苑地図

最後に

新宿界隈ということで、新宿御苑の周りにはグルメスポットもいっぱいです。

お花見を楽しんだ後は、ぜひカフェ巡りなども楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事