雛まつりが近づくと気になるのが雛人形を飾る時期としまう時期ですよね。

いつでもいいと言えばいつでもいいのですが、世間一般的には決まっているようなのです。

昔からの慣わしのようなものなので、知っておいて損はないと思いますよ。

地域によってひな祭り(桃の節句)の時期は違ったりするのですが、ここでは一般的に3月3日ということで進めていきますね。

雛人形を飾る時期としまう時期は?
スポンサーリンク

飾る時期はいつがいいの?

雛人形をいつ以降出しましょう、ってのも決まっています。

早く出し過ぎるのもダメですし、遅すぎるのもダメなのです。

飾る時期は節分の次の日(立春)がいいとされています。

つまり2月4日ですね。

遅くとも2月中旬までには飾りましょう。

いまでは土日しか無理という人も多いと思いますので、4日から中旬くらいまでの土日を選んで飾るといいでしょう。

大安に飾るのがいいということも言われますが、こだわることはありません。

しまう時期は?

しまう時期も気になるものですよね。

あまり出したままにしておくとお嫁に行くのが遅れる、とも言われています。

もちろん迷信です。

ひな祭りって元々は身代わり雛を流して娘の幸せを祈るという行事だったため、雛人形を片づけないということは流していないことと同じこととなることからそういうことが言われたようですね。

ひな祭りは、3月2日の宵節句、3日の本節句を経て、4日の送り節句と3日がかりの祭事が本来のものです。

なので4日に別れを惜しんでから、5日以降にしまうのが理想です。

3月中でもいいのですが、桜が咲くころにしまってもいいとされているので、あわてることなく5日以降の晴天続きの土日を選んで片づけるのがいいでしょう。

これも大安にこだわる必要はありません。

まとめ

ひな祭りっていろいろ言われていますが、迷信的なことも多いので、あまりこだわる必要はないのかもしれません。

しかし、ひな祭りの2~3日前にやっと出して、片づけるのは4月過ぎてからというのはあまりにもだらしない印象をぬぐえません。

そういった意味でもこういったならわしにのっとって雛人形を飾ったりしまったりするとよいでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事