春が近づいてきました。

入学や入園で新しい生活を始める人も多いのではないでしょうか。

入学式

また、中には入学や入園を迎える親戚やお孫さんがいるという方もいるかもしれません

そこで気になるのが、お祝いには何をどれほど贈ればよいかということです。

ここでは、入学のお祝いに関してお金と品物の両方について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

入学祝いと卒業・卒園祝い

入学って卒業・卒園と対になっている行事ですよね。

なので、入学祝いをする場合はその前の卒業・卒園祝いは必要ありません

また、卒業後に就職をする場合も卒業祝いはせずに就職祝いのみをすることが多いようです。

ということは、対になっている入学祝いと卒業・卒園祝いは同じものだと考えていいかと思います。

違うのはお祝いののし袋の表書きくらいということになります。

入学お祝いの金額の相場

お祝いの金額の相場ですが、

幼稚園入園や小学校の入学
5,000円~10,000円

中学や高校の入学
10,000円

大学入学
10,000円~20,000円

くらいとなっているようです。

ただし、入学のお祝いを贈るのは通常身内のみなので、親戚で決まっている金額があればそれに従った方がいいかと思います。

中学や高校の入学には派手なお祝いはいらないとされていますが、有名私立校に入学する場合などにはお祝いをすると喜ばれます。

入学のお祝いのプレゼント

お祝いをプレゼントという形で品物で贈る場合は、次のようなものが良いとされています。

幼稚園や小学校
学用品がベストです。
クレヨンや色鉛筆のセット、童話や絵本などが人気です。

中学や高校
図書券や文具券が無難です。

大学
図書カードが無難。
大学生ともなるとほとんどのものは持っている場合が多いので、本人の希望を聞いても良いです。

いろんな人がお祝いの品を贈る場合は、品物が重なったりしないように親戚同士で打ち合わせをしてもいいかもしれませんね。

入学祝いの表書き

入学祝いのし袋の表書きは

入学祝いのし袋

こんな感じになります。

表書きの文字は「祝御入学」「祝御入園」

卒業だったら「祝御卒業」となります。

身内以外の入学祝い

入学祝いは基本的には身内以外には贈らないことが多いです。

ただし、家族同然の付き合いをしている家庭のお子さんが入学する場合などは贈っても良いでしょう。

当然ながら会社の上司のお子さんだからといって、お祝い金を贈ったりする必要はありません。

もし、他人から入学のお祝いをいただいた場合もお返しをする必要はないとされています。

ただし、お礼状は出しておきましょう。

最後に

入学も入園も身内にはにはうれしいものです。

上で紹介したお祝いの内容はあくまでも世間の基準。

お金を贈るにしろ、プレゼントを贈るにしろ贈るのは親類同士なのですからよく打ち合わせをして、あまり差のないようにしたいものです。

スポンサーリンク
おすすめの記事